小児矯正

小児矯正

お子さんの矯正治療
をお考えのご両親へ

小児矯正のメリット

あごの成長や歯の生え変わりを利用した小児矯正には、多くのメリットがございます。
永久歯が生え揃ってからの成人矯正を行う場合には、健康な歯を抜歯しなくてはいけない可能性も高くなりますが、小児矯正の場合は成長の力に合わせてあごを正しい位置に誘導することができるため、抜歯をせずに歯並びを整えることができる可能性が高いだけでなく、受け口や出っ歯などの予防をすることもできます。
成長段階である幼少期だからこそできる治療なのです。

矯正の装置

拡大床

拡大床

あごや歯列幅を広げるための取り外し可能装置です。拡大ネジを少しずつ広げていくことで、歯列を徐々に拡大していきます。

バイオネーター(機能的矯正装置)

バイオネーター
(機能的矯正装置)

下あごが引っ込んでいる場合などに、あごを正しい位置に誘導してくれる装置です。取り外しができるため、お食事や歯磨きのときにも邪魔になりません。

斜面板

斜面板

下あごが正しく成長していない場合に、前方への成長を促してくれる装置です。上あごに装着します。

リンガルアーチ

リンガルアーチ

1本~4本引っ込んでしまっている前歯を、前に押し出す部分的矯正装置です。歯の裏側に装着するため、見た目も気になりません。

クワドヘリックス

クワドヘリックス

あごや歯列幅を広げる固定式の拡大床装置です。一般的な拡大床よりも力が強く、成人にも使用できます。

小児矯正を
はじめる時期は?

小児矯正をはじめる時期は?

小児矯正をはじめる適切な時期は、永久歯の6歳臼歯が生え揃った頃です。そのため、お子さんの歯並びやあごの成長に不安があり矯正治療を考えていらっしゃる場合は、7、8歳頃には一度歯科医院にて検診をお受けいただくことをおすすめいたします。

どんなことでも
気軽にご相談ください

足立区西新井の
歯並び専門なら矢島矯正歯科まで

pagetop